PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

れんが悪性リンパ腫に・・・


久しぶりの更新だというのに、悲しい悲しい内容です。

れんの食べる量が半減し急に体重が落ちてきたので(4.7kg→4.2kg)、
病院に行ったところ、悪性リンパ腫と診断されました。

食欲と体重以外は何も変わったことがなく、
その頃ちょうど家の塗装をしていたので、
知らない人が来たりエアコンをつけられなかったために
(ペンキ除けのカバーがついていたため)、
ストレスと暑さでバテたのだと思っていたので
かなりのショックでした。

通常若い猫がこの病気にかかることが少ないらしく、
いろんな検査をしました。
血液検査はもちろん、FIV/FeLVウイルス検査(結果は陰性)、
尿検査、エコー、造影剤を使用した排泄造影、細胞診など。
それにより、腎臓の1つが肥大し、機能していないことがわかりました。
幸いこちらの動物病院の院長は全国的にも有名な先生で
その先生が『ほぼ間違いなくリンパ腫』と判断され、
「専門の先生の確定診断待ちですが、その間にもどんどん進行してしまうので、
見切り発車ですが治療をしましょう」と、
その日から導入用抗がん剤の治療が始まりました。
6月22日の出来事です。

インターネットで猫のリンパ腫について色々調べましたが、
無治療だと1~2ヶ月で亡くなり、治療をしても6ヶ月程度の延命で、
1年生存率はごくごくわずかなようです。

6月25日に悪性リンパ腫で確定と聞き、
しかも難治性で、入院中にBUN(血液尿素窒素)が基準値に戻らないことから、
たとえ抗がん剤でがん細胞を最小限に抑えられたとしても
腎不全の治療は生涯必要とのことでした。
入院中は腎臓病用のフードを食べているそうですが、
ますます体重が減り、4.0kgになってしまったそうです。

あまりにも痩せてしまったれんを思い出し、沢山考えました。
どちらにしろ長く生きられないのであれば、
治療を止め、動けるうちに自由にのんびり過ごさせてあげるほうがいいのか、
やるだけのことはやって少しでも長く生きさせてあげるほうがいいのか・・・
先生にもそのことを相談したところ、
「治療の中断はいつでも出来ますが、今止めてしまうと手遅れになるので
十分に考えてから結果を出してもよいのではないでしょうか?」
とおっしゃって頂き、一層思い悩んでいます。

れんならどう思うだろう・・・
会いに行くと帰りたそうにしていたし、
私がその立場なら延命治療はしないで自由に過ごしたい。
でも、れんは少しでも長く生きたいと思っているかもしれないし。
そう思うとどうしても答えが出せません。

0626リンパ腫1

元気な頃のれんです。
この子がいなくなるなんて・・・かわいそうでなりません。



モナは元気です。
すっかり太ってしまって4.0kgもあるので、
最近、ロイヤルカナンのインドアに切り替えました。
先生には3.0kgで調整するように言われてた子なんですけどねぇ
なんで私は後姿なの!



| 病院・病気 | 23:37 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お注射はコワイのにゃ

もうすぐゴールデンウィークですね。
動物病院がしばらくお休みになってしまうので、
予防接種に連れて行きました。

お注射嫌にゃー
↑モナっち
『コレに入れられる=痛いことされる』と
おわかりのようで、鳴きまくってます。

病院は相変わらず混んでいたので、診察券だけ出して一旦帰宅。
待ってる間を利用してブラッシング・タ~イム!

ざこー、ざこー
換毛期なので、毎日やっても結構抜けます。
体はもちろん、

ぐりぐり
頭も結構抜けます。

ごっそり
ちょっとブラッシングしただけでこんなに。

病院に戻ると院長先生が対応してくれました。
が、体重増加でイエローカード・・・。
1年で1kg増(3.9kg)はこの子にとって大きいそうです。
このペースでいくと年をとってから病気が出てくるので、
食餌量を控えるか、ダイエットフードにするように、と。
あらら、いつのまにやら『プチおデブ』だったんですねぇ。

注射を大人しく受けてくれたモナさんですが、
会計でもお行儀の良さにびっくり。
呼ばれると、自ら「にゃ~♪」とお返事!?
どうやら「モナちゃーん」の言葉に反応しちゃってるようです。
んー、モナって賢い!

| 病院・病気 | 17:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

傷の治りはすこぶる順調↑

GWで思いっきりサボってしまいましたm(_ _)m
その間、れんの抜糸も済み、見た目はフランケンですが、すこぶる順調!
相変わらずぽってり
(↑ 抜糸直後)

今では毛が生えて傷口が目立たなくなってきました。
(肉で縫い目がV字に埋もれているだけかもしれません
抜糸後1週間

病理検査の結果ですが、採った物は精巣ではないそうです。
しかし、その管全体を探してもブツがないことから、
“1つしかない子”という回答でした(検査センターより)。
経験豊富な院長も初めてのことだったので、
そのドクターに詳しく聞いたそうですが、
まれにそのような子がいるそうです。
(検査センターではあまり珍しくないみたいです。
きっとそんな珍しい子の依頼ばっかり来るんでしょうねjumee☆faceA109


【今日のにゃんこ】
れんが何かを見つけたようです。
ごそごそ

くんくん
そろ~り

何か入ってるのかな~?
怪しいんだけどな~

ひっ!
びくっ!
モナ、してやったりjumee☆faceA90


━━o(・`ω´・)○━━━━o(・`ω´・)○━━━━o(・`ω´・)○━━

読んでくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村 ソマリブログ・ランキング   FC2 猫ブログ・ランキング
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ  
モナとれんにポチjumee☆paw7っと頂けると嬉しいです。

| 病院・病気 | 17:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ手術です・・・

今日は、れんの去勢手術です。
前日22:00から何もあげられないので、
今朝はもちろんごはん抜き。水さえも禁止です。

いつもと同じように、起きたらごはんの所へ駆け寄りますが、
なーんにもありません。
あれれ~??
昨晩からフードボウルごと片付けてあるのです。

れん君、ごはんを貰う時はいつもお行儀がいいんですよ。
ほらね!
ごはんっ♪ ごはんっ♪

しばらく待ってもな~んにも出てこないので、
顔がどーしたの?になってます。
まだですかぁ?

気をそらせるために、お外でも見ててもらいましょう。
「鳥さん、いっぱい来てるよ~」(←さくら)
それ食べれる?

見たことない鳥が!
母に聞いたら、ツバメだと申しておりました。
巣を作るために泥を集めているそうです。
ツバメ

外などどうでもいいれん君。
そうだよね、お腹すいたよねー。
何か忘れられてる気がする
「じゃ、そろそろ行こうか」
とキャリーを出している間に・・・モナのフードを食べてしまいました。
少量とはいえ食べたので、病院に確認をすると、
その程度ならOKとのことなので、予定通り連れて行きました。

こちらはモナ。
モナさんもワクチン接種のため、一緒に病院です。
痛~い(注射)されてきましたよ。
何されるのー?
(↑不安でいっぱいのモナ)

本題のれん君はというと、再度念入りな触診にもかかわらず、
お肉がジャマしてタマタマの位置がわからないので(おデブ)、
やっぱり大きく切ることになるようです・・・。
(なかにはそんな子もいるようで、珍しいことではなさそうです)
最悪の場合、15cmくらい切るとのことでした
でも運良く皮下にある場合は開腹しなくてすむので
(深く切らなくて済むので)、当日帰れるそうです。
ただ切ってみないとわからないそうですが。

痛いけどがんばるんだよ、れん君。
ごめんよ~!! 


読んでくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村 ソマリブログ・ランキング   FC2 猫ブログ・ランキング
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ  
モナとれんにポチjumee☆paw7っと頂けると嬉しいです。

| 病院・病気 | 15:24 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

れん、来週手術します

ここ数日でれんの便の状態が悪くなってきたので、
また病院へ行って来ました。
今回もよ~く診て貰いましたが、
原虫や悪い腸内細菌もなく、体重が着々と増えているので、
やはりIBDのようです。
(検査をすればハッキリするのですが、まず間違いないということでしてません)
成長期では良くなったり悪くなったりを繰り返し、
成長して食餌量が安定すれば改善する病気なので
今だけの我慢(心配しなくていい)なのだそうです。

良かった~!

心配ないなら

良かったじゃん
(↑他人事!?)

とりあえず便がやわらかいので消化酵素(ベリチームだったかな?)
を処方してもらい、1週間後に再診です。

また、月齢からスプレー行為が始まるため、
避けるなら早めに去勢手術をしたほうがいいとのことなので、
かわいそうですが手術の予約を入れてきました。
来週の水曜日(再診の日)です。
が、れん君、いわゆる「片タマ」ちゃんだったようで、
開腹手術です。
しかも触って場所が確認できないので、開いて探すしかなく、
お腹を大きく切ることに。5cm位だとか。

ガーン・・・
え゛っ?!

もう頭が真っ白です。
購入時の健診では「片タマ」ちゃんではないって言われてたのに・・・。
私、だまされたんですかねー。

なので、男の子なのにお泊りです。
病院ではモナより怒ってるのに、お泊り耐えられるかなー?
また、モナの時みたいに呼び出されるかも
(モナはお泊りの予定が手がつけられなくて、その晩に帰ってきましたjumee☆faceA109


【今日のにゃんこ】
来ないでよ!

フンフンフン♪

げっ!

家、入ろ~


読んでくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村 ソマリブログ・ランキング   FC2 猫ブログ・ランキング
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ  
モナとれんにポチjumee☆paw7っと頂けると嬉しいです。

| 病院・病気 | 21:26 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。